太久保酒造株式会社

伝承古式黄麹 太久保 芋焼酎 (720ml)

販売価格 価格 $17.00 通常価格 単価  あたり 

焼酎カテゴリー 芋焼酎

原材料名 さつま芋焼き芋(鹿児島県産安納芋)、米麹(鹿児島県産ひのひかり)

アルコール度数 25% alc

容量 720ml

蒸留 常圧蒸留

受賞歴 
LAスピリッツコンペティション2018 金賞
Craft Spirits Berlin Festival 2020銀賞
香港インターナショナル・ワイン&スピリッツコンペティション2018銀賞
東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2021銀賞
熊本国税局鑑評会2018、2019優等賞

お届けしたいメッセージ
創業明治43年(1910年)。鹿児島に113ある蔵の中でも規模としては小さな蔵。社員10名で全国または世界へ鹿児島の芋焼酎を届けています。

原料はほぼ鹿児島県大隅産。関連農場では年間約1万トンにも及ぶ膨大な量のさつま芋を鹿児島・宮崎の焼酎メーカーへ出荷。ワインで言うところの『シャトー』、『ドメーヌ』(自社畑所有の生産者)です。

鹿児島に当時から伝わる和甕による甕仕込みを行っています。

鹿児島県の東側、大隅半島では昔から、火山灰によって形成されたシラス台地を利用したさつま芋などの栽培が盛んに行われており、そのため焼酎メーカーもたくさんあります。

弊社は他のメーカーにはない、独自の商品づくりにこだわってきました。鹿児島の焼酎は元来黄麹でした。醪の段階で酸を全く造らない黄麹仕込みは温暖な土地では適さない仕込みで淘汰されていました。徹底した温度管理を行い、黄麹のみを使い、その他一切を加えず、純粋黄麹100%の全量黄麹仕込みを復活しました。

原料には鹿児島県大隅産米のひのひかりと安納芋(焼き芋)を使用(共に自社生産)。黄麹にしか出せない香りの中に焼き芋の甘さが混ざり合い独特の香り・うまみ・甘さに仕上がっています。